年金保険料・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金保険料


<年金着服>計99件、

総額3億4274万円 

社保庁調査


今や社会保険庁は全く信用はなく、正直なんのために存在していたのだろうと思って
しまうくらいでした。そんな中、やっぱりあったかというか、言葉もないというか、
年金保険料の着服、不正受給が99件、総額でなんと3億4274円に上ると発表。


 社会保険庁は3日、社保庁職員と市町村職員による年金保険料の着服や不正受給が計99件あり、総額3億4274万円に上ると発表した。また、公的記録が一切ないのに、加入者保管の領収書などで年金記録が新たに180件訂正されたことも公表。こうした「消えた年金記録」の背景に、保険料の着服などがあると指摘されているが、同庁は「関連性は分からない」と述べるにとどまった。

やりたい放題だな。とおもってしまう。よくこのような状態で続いていたものだと
ある意味感心してしまう。
全然保険問題が解決していない中、どんどん保険庁の悪い部分が出てくる。
国民は年金がどんどんもらえなくなっていく中、不正に年金がもらえていない人が
いる中、本当に情けない限りである。
 発表によると、社保庁職員の年金保険料などの着服や不正受給は、同庁発足の62年からこれまでに50件で総額1億4197万円。市町村へのアンケート方式での調査では、市町村職員による国民年金保険料の着服は、23都道府県45市区町村(不正当時)・納付組合で49件、計2億77万円に上る。
 社保庁職員による着服の内訳は、▽年金保険料22件約3365万円▽年金給付金14件約8047万円▽健康保険料などその他15件約2784万円(同一職員による重複あり)。全50件のうち今回初めて公表したのが18件で、過去に報道機関の取材で明らかになったケースを除くと、積極的に公表していたのは24件だけだった。
 41人が懲戒免職処分となったが、処分前退職で処分できなかったケースも5件、職員が行方不明になるなどして3件では被害額が補てんされなかった。また、27件について刑事告発しており、うち11件が有罪になったという。
 市町村職員による着服は、市町村職員が国民年金保険料の収納業務を行っていた01年度までの間にあり、北海道、青森、秋田、千葉、長崎の各道県内の市町で4件ずつあった。京都府与謝野町(旧岩滝町)のケースなど2件は被害金額も判明しなかった。
 今回明らかになった180件以外に、加入者の保管する領収書などで年金記録が訂正されたケースはこれまで55件が判明している。「消えた年金記録」と、職員の着服との関係について、会見で鈴木俊彦・企画課長は「推計できるに至らなかった。判断できない」と述べた。【野倉恵】

着服問題の解決もなんだかすっきりされておらず、おそらく発表されている以上に
実際はあるのでしょう。
このような方々に国民の大切な年金を任せていたかとおもうとゾッとする。
これは国の責任としてしっかりと対応していっていただきたいが、国自体
正直信用できないとおもうので、本当に改善されていくのか不安である。
本当になんとかしてほしい。


引用:Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。