京の百貨店でもエコバックに徹夜の行列・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の百貨店でもエコバックに徹夜の行列


レジ袋削減、かわいさで人気 

京の百貨店 エコバッグに徹夜の行列

銀座のお店の大混乱でも注目を集めた英国の人気デザイナー、アニヤ・ハインドマーチが
数量限定で出したエコバック、京都でも徹夜組等行列ができたようです。


 レジ袋削減をPRするため、英国の人気デザイナー、アニヤ・ハインドマーチが数量限定で製作し、世界各地で爆発的な人気を呼んでいるショッピングバッグが18日、大丸京都店(京都市下京区)でも発売された。同店に割り当てられた400個を求めて、徹夜で並んだ若者から中高年までが、開店と同時に売り場に殺到した。

なぜここまで爆発的人気なのか良く分かりませんが、400個を求め
徹夜で並んだのは若者から中高年までだそうで、開店と同時に売り場に殺到した。
人気デザイナーのブランドバックで普通なら2100円というねだんでは買えないそうで
それもこの人気の理由の一つらしい。

 バッグは綿製で、高さ、幅が30センチほど。生成色の地に、緑色で「I’mNotAPlasticBag(私はプラスチック製のバッグではない)」と英文が記されている。販売される国や地域によって文字の色を変えている。2100円(税込み)。
 同店は、行列への「割り込み」などによるトラブルを防ぐため、17日午後3時から行列の順番を保証する券を配ったうえ、開店15分前から整理券を配布。30人以上の社員が徹夜で安全管理にあたった。
 前日午後3時半から並び、2個購入した大津市の大学生伊藤紗耶さん(19)は「環境というより、バッグがかわいかった。海外の有名人が持っていたのを見て、あこがれていた」と話した。
 今年3月に発売され、イギリスでは1時間で2万個が売れる人気となった。日本では、14日に東京で発売された際、7000人が行列を作り、混乱も起きた。国内販売権を持つ会社の親会社レナウン(東京都)は「人気デザイナーの商品が安価で手に入るうえ、数量限定がブームを過熱させている」とみている。

前回の銀座のような混乱を防ぐために社員が徹夜で安全管理する等、ちゃんと
していたようで、混乱はなかったようですね。
でも本来レジ袋削減のPRのために作られたものだが、この大学生の方が言っているように
環境というより、というところでしょうね。
なんだかこれってどうなのでしょうか。と思ってしまいます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070718-00000020-kyt-l26

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。