黒い衛生用品ヒット・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い衛生用品ヒット


黒い衛生用品ヒット 

「白の常識」反転 

汚れ、食材見やすく

特別深く考えて使ったことはなかったのですが、言われてみれば衛生用品は白が
常識ですよね。その常識が崩れつつあるという。

 「衛生用品は白」の常識が崩れつつある。数年前に登場した黒い綿棒が定着したことをきっかけに、トイレから台所まで、続々と黒いヒット商品が生まれ、販売した企業側も予想以上の売れ行きに目を白黒させている。

 6月中旬、ヨーロッパで人気を博していた黒いトイレットペーパーが、日本に上陸した。3枚重ねで香り付き。六ロール1890円という価格はスーパーの特売品の10倍以上だが、数日間で売り切れ、今は輸入待ちだ。

 実はこの黒いトイレットペーパーが、心おきなく使える場所がある。同商品を製造するポルトガルのRenova社が、黒い飛行機を運航するスターフライヤー(北九州市)に商品提供を申し出て、7月限定で機内のトイレに設置されている。

 同社によると乗客の抵抗感は少なく、「白も置いているが、黒の減りが圧倒的に早い」という。

数年前に登場して黒い綿棒が定着したことをきっかけに、トイレから台所まで
続々とヒット商品がうまれているという。
そういえば我が家にも先がらせん状になった黒い綿棒があり、白い綿棒もあるのですが
子供もなぜか黒いほうが好きなようで、そちらを使うことが多いです。
確かに取れた感が黒いほうが感じられるように思います。

   ■   ■
 黒い衛生用品は、パックやシャンプーにも広がっているが、先駆けは耳掃除用の綿棒だ。白っぽい耳あかがくっきり見えることに、「今までの耳かきは何だったのか」と爽快(そうかい)感や衝撃を感じた人々が口コミで広め、今ではさまざまな黒綿棒がドラッグストアなどで売られている。

 汚れを吸着しやすいように先端をらせん状にした黒い綿棒を販売する阿蘇製薬(熊本県菊陽町)によると、黒綿棒の登場は3、4年前。同社は2004年8月に発売し、年間60万個を出荷する。商品名の「やみつき綿棒」は、試作品を使った女性事務員の「これは、やみつきになりますね」という言葉を、そのまま採用した。
   ■   ■
 そして今年、黒はまな板となって、ついに台所に進出を果たした。

 黒いまな板を製造した京セラ(京都市)によると、「従来のまな板は大根や豆腐が見えにくい」という視覚障害者の要望を受け、2月に商品化。当初は点字図書館のみで取り扱っていたが、1カ月で200枚が売れ、高齢者を中心に反響が大きかったため、6月から百貨店やホームセンターでも販売を始めたという。

 黒ブームの背景について色彩経営コンサルティング「クロシス」(福岡市)の中村美賀子社長は、「黒が持つ汚れを目立たせる機能が認識され始めたと同時に、竹炭や黒酢が『黒=健康』というイメージを高めた」と分析している。

それにしても黒い衛生用品はトイレットペーパーやパック、シャンプーにも広がっているという。
トイレットペーパーはヨーロッパで人気を博し、日本に上陸し値段が1890円という
高額にもかかわらず数日で売り切れて、今は入荷待ちだそうです。
黒まな板もあるようで、従来のまな板は大根、豆腐等の白い食品が見えにくいという
視覚障害者の要望があり、2月に商品化された。高齢者等にも反響が大きかったようです。
黒ブームの背景には黒が持つ汚れを目立たせる機能が認識され始めたと同時に、
竹炭や黒酢等が黒イコール健康というイメージを高めたということがあるようです。
今後も黒ブームは続きそうですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070707-00000030-nnp-soci

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。