社保庁の年金相談電話・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社保庁の年金相談電話


社保庁の年金相談電話、

3日間で着信100万件超える


次々と年金の問題が出てきて、本当にこれから年金はどうなっていくのだろうと
不安は募っていくばかりである。そんな中最近ようやく社会保険庁が相談電話を開設した。
しかし、やっぱりそこは社保庁すんなりいくわけがなかった。


 年金記録漏れ問題を受け、社会保険庁が受け付けている相談電話の着信件数は、フリーダイヤルが開設された今月11日からの3日間で100万件を突破した。

 同庁が14日、発表した。実際につながったのは20件に1件以下で、依然としてつながりにくい状態が続いている。

フリーダイヤルが開設された今月11日からの3日間でなんと100万件を突破した。
しかし、実際に繋がったのはたった20件に1件以下、先日実際に稼動しているのが半分も
ないと問題になっていた。依然として繋がりにくい状態のようだ。
こんなこと一つ満足にできない、本当に情けない話である。

 年金に関する電話相談は現在、土日も含む24時間体制で実施されている。通話料のかかる「ねんきんダイヤル」(0570・05・1165)に加え、記録相談専用のフリーダイヤル(0120・657830)を開設した11日午前8時30分~14日午前8時30分の3日間で、電話相談の着信件数は計115万8197件。このうち応答できたのは5万1969件で、応答率はわずか4・5%だった。

電話相談の着信件数は115万8197件、このうち応答ができたのは5万1969件で、
応答率はわずか4.5%だったという。
テレビ番組の方が言っていた、あんなくだらないビラ配りに時間をかけるのなら、もっと
他にやるべきことがあるだろうと言ったのに、やっとやったと思ったらこの始末、
通販なんかの電話受付の凄さを見に行って勉強したらどうだと言っていました。
本当にその通りだと思いました。
マニュアルも何もなく、ただはじめたって上手く稼動するはずもなく、そしてそういった様々な
ことにお金がかかり、そのお金はどこから出てくるのか考えて欲しい。
一つでも良いから納得のいく仕事をしていただきたいものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070614-00000115-yom-soci

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。