夏の予報・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の予報


ラニーニャで気温高い傾向=

降水量、東日本太平洋側少ない-

気象庁の6~8月予報


気象庁が6月から8月の3ヶ月予報を発表。ラニーニャ現象で日本付近は太平洋高気圧が
強まり全国的に気温が高くなるようで、暑い夏になりそうです。

 気象庁は24日、6~8月の3カ月予報を発表した。今後1、2カ月で太平洋赤道域西部の海面水温が高くなる「ラニーニャ現象」が発生し、日本付近で太平洋高気圧が強まる見込みで、全国的に平均気温が高い傾向となる。降水量は北日本日本海側で多く、東日本太平洋側で少ないが、それ以外は平年並みの可能性が高い。

ラニーニャ現象というのはエルニーニョとは全く逆の温度偏差パターンで、中部、東部
赤道太平洋での海面水温が平年より低くなる現象。
また過去最高気温なんて出てくるのでしょうか。嫌ですね。
降水量は少ないところは東日本太平洋側ということで、水不足のほうはどうなのでしょうか。

 国土交通省は同日、四国や中部で降水量が少なく、ダムの貯水量が減っているとして、2年ぶりに渇水対策本部を設置した。気象庁の予報の内訳では、東日本日本海側の8月、同太平洋側の7、8月、西日本日本海側と太平洋側の7月について、降水量が「少ない」確率が40%と、「平年並み」や「多い」の各30%を上回る。

四国や中部ではすでに降水量が少なく、ダムの貯水量が減っているそうです。
今後どんどん暑くなる季節を迎えるにあたり、心配ですね。
5月なのに真夏並みの気温になったりとやはり地球温暖化が影響しているのでしょうか。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000100-jij-soci

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。