FC2ブログ
インターネット調査・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット調査


「仕事の将来に不安」30歳代の82%…

読売ネット調査


インターネット調査で、30歳代を対象に仕事の将来に不安を感じている人が、大いにと多少を
あわせてなんと82%に上るという。

 年功序列制度の崩壊と成果主義の導入など労働環境の大きな変化にさらされ、「受難の世代」と言われる30歳代を対象に実施した、読売新聞社のインターネット調査で、「仕事の将来に不安を感じている」人は「大いに」「多少は」を合わせて82%に上った。

 また、「仕事でストレスを感じている」人も計82%を占めた。

30歳代は年功序列制度の崩壊、成果主義の導入等労働環境の大きな変化があり、
受難の世代といわれているだけに、仕事の将来に不安を持っている人が多いらしい。
更に、仕事でストレスを感じている人も82%を占めたという。
まあストレスは仕事をしている以上ないという人のほうが少ないと思いますが。
ストレスの原因(複数回答)は、
〈1〉「収入が増えない」(64%)
〈2〉「会社や業界の将来性、安定性に不安」(34%)
〈3〉「人間関係がうまくいかない」(30%)――の順だった。

 30歳代は主に前半が就職氷河期組、後半がバブル期入社組とされ、所得などの格差が顕著だと言われるが、「正社員」と「派遣・契約社員など非正規社員」との間の所得格差を「現在、感じている」という人は計76%に上った。

ストレスの原因は最もな回答で、収入が増えない。人間関係、そしてやはり会社等の将来性
や安全性に不安も多い。
確かに30歳代は前半と後半では氷河期とバブル期と所得の格差が顕著。
正社員とそれ以外の社員との所得格差を感じているという人は76%もいるという。
ということは実際格差があるということでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070513-00000015-yom-soci

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。