年金保険料・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金保険料


国民年金保険料徴収、

不在扱い69万人…納付率かさ上げか


なんと国民年金保険料の徴収対象者から除外している不在者が69万人に登るという。
不在者は住所不明等の理由で住民票が確認できない人。
それが69万人もいる。本当に全員が不在者なのだろうか。

 社会保険庁が住所不明などを理由に国民年金保険料の徴収対象者から除外している「居所未登録者(不在者)」が約69万人(2006年度末)に上ることが7日、わかった。

 不在者をめぐっては、過去に、納付率をかさ上げするために勝手に不在者登録された事例が10万人以上確認されている。

不在者登録は、過去に納付率をかさ上げするために勝手に登録された事例が10万人以上
確認されているそうだ。つまり今回もその可能性がないともいえない。
つまり、保険料を引き上げるために住民票があるにもかかわらず勝手に不在者扱いされて
いる可能性があるというわけですよね。
何をやっているんだといいたくなる。
同庁は、69万人の中に実際には住居が確認できる人もいるとみて、住居確認などを含め全件調査に乗り出した。年内にも、調査結果を公表する方針だ。

 同庁によると、不在者としての登録は、本来、住民票が確認できない場合に行うとしていた。
具体的には、
〈1〉引っ越しの際、転出届を出してから3か月以上転入届を出していない
〈2〉居住が確認できず、市町村の判断で住民票が削除された――などのケースだ。

なぜ住居が確認できる人も、そういう扱いになってしまうのか、しっかり調査してほしいものです。
でも正直年金なんてもらえるかどうかも分からないのに、しかもそれが本当に年金にきちんと
当てられているのかも分からない。どうぜなら不在扱いでもいいと思ってしまう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000201-yom-pol

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。