FC2ブログ
漢字書き取り・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字書き取り


小2の3割「一つ」書けず=

ワーストは「支」など-

漢字習得度・民間調査


まだ今の時期、小学一年生は漢字を習っていないが、一年で習うひとつ(一つ)という漢字を
小学2年生の3割が回答できなかったということです。
高学年になるにつれ読みより、書きが苦手になることが調査でわかった。

 小学2年生の3割が、1年で習う「一つ(ひとつ)」という漢字の書き取りができず、高学年になるにつれ「読み」より「書き」が苦手になることが7日、現役教師らでつくる「日本教育技術学会」の調査で分かった。学年別で最も書けない漢字は小6が「支持」の「支」(正答率7%)などだった。
 調査は2004年4~5月、全国の小1~中1を対象に、前年度に習った配当漢字の「読み」「書き」(小1生は平仮名のみ)をテスト形式で実施。計480校、延べ約3万7000人から回答を得た。

全国の小1から中1を対象に2004年4月から5月テスト形式で実施された。
高学年になるほど書きが苦手になるというのは、なんとなく分かる気がする。
高学年になるほど勉強以外で文字を書くということがほとんどない。
携帯のメールやパソコンで文字を打つ。ひらがなを入力して変換を押せば自動的に
漢字が出てくる。文字は書かないとなかなか覚えない。
これでは、漢字も書きが苦手になるのも納得だ。
 

それによると、「ひとつ」という書き取りの問題に「一つ」と正解できた小2は70%にとどまり、「人(つ)」や「入(つ)」などの誤答が見られた。音読みで出題した「一(いち)年生」は98%が正解した。一方、「実り」を「みのり」と答えられなかった小4と、「末は外交官に」の「末」を「すえ」と読めなかった小5がそれぞれ4割に達するなど、中学年以上で訓読みが苦手な傾向も見られた。
 「書き」の平均正答率は小2が89%だが、学年を追って下がり、小4が71%、小6は65%。これに対し、「読み」の正答率は全学年で9割を超え、高学年ほど書く成績が悪かった。

小2では、いち(一)と読む漢字はほとんどの生徒が書けるのに対し、ひとつ(一つ)と正解
できたのは70%にとどまった。小4ではみのり(実り)が回答できなかった、小5ではすえ(末)
と読めなかった生徒が4割にも達している。中学生以上でも訓読みが苦手な傾向があるようです。
個人的にもやはり最近文字を書くということが減ってしまい、いざ漢字を書くときに忘れて
しまって書けず、ということが多い。きっと子供もそうだが大人も漢字が書けないというひとが
全体的に増えているのかもしれない。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000134-jij-soci

引用・Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。