超高層マンション・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超高層マンション


超高層マンション 建設ラッシュ続く

個人的には結構意外でした。不動産経済研究所の調査結果で、全国で2007年以降に
完成予定の超高層マンションは同時期の去年3月の調査時に比べ増加していると発表された。

不動産経済研究所(東京都新宿区)がこのほどまとめた調査によると、全国で07年以降に完成を予定している超高層マンション(20階建て以上)は、522棟・16万3422戸で、同期間を対象にした昨年3月の調査時に比べ134棟・3万3576戸増えた。戸数ベースで27%の大幅な増加で、同研究所は、大都市での根強い超高層マンション人気に加え、ブームの地方都市への広がりが背景にあるとみている。

まだまだ大都市では超高層マンションが根強い人気のようで、これに加え地方都市への
広がりも背景にあるようです。
これだけ建築が増加しているということは、それだけ需要があるからでしょうから
凄いですね。個人の勝手な考えですが、団塊の世代の方々の大量退職があり、
その方々でもともと都市暮らしの人は利便性から考えて、なかなか田舎で暮らすというふうに
ならず、大都市で超高層マンションで悠々自適の生活なんてほうが望まれているのかも
しれませんね。

 完成年次別にみると、07~09年は毎年100棟を超え、10年、11年以降も50棟を上回る。
 地域別では、首都圏(東京都、神奈川、千葉、埼玉県)が同61棟・1万7539戸増の330棟・11万9186戸と多くを占める。近畿圏(大阪、京都府、兵庫、滋賀、和歌山県)は同38棟・1万122戸増の110棟・2万9131戸、その他の地方都市は同35棟・5915戸増の82棟・1万5125戸だった。
 同研究所は、都心居住志向の高まりや大規模工場跡地の複合再開発に加え、地方では中心市街地活性化のシンボルとして位置づけられるケースも目立っており、今後も超高層マンションの建設・計画は増える傾向にあるとみている。【増田博樹】

地域格差が言われる中、やはり都心居住志向が高まっているのでしょうか。
地方でも、中心市街地活性化のシンボルとして位置づけられるケースも目立っているようです。
確かに私が住んでいるところは地方ですが、市街地に最近超高層マンションというのでしょうか
結構建設中のマンションを見かけます。
今後も超高層マンションの建設・計画は増えていく傾向のようです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000014-maip-bus_all

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。