酵素・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酵素


血液をO型に変える酵素、

ハーバード大などが開発


AやB、AB型の赤血球をO型の背血球に変えることの出来る酵素を開発。
すごい研究をしている方々がいるのですね。
タイトルを呼んだときは血液型変えてどうするのだろうと思ってしまいました。

 AとB、AB型の赤血球をO型の赤血球に変えることのできる酵素を米ハーバード大などの国際研究チームが開発した。

 米国の専門誌ネイチャー・バイオテクノロジー(電子版)に1日発表する。O型の血液は、どの血液型の患者にも輸血できるため、実用化すれば、輸血用血液の血液型の偏りを解消できる可能性がある。

なるほど、確かにO型はどの血液型にも輸血ができるというのは知っていた。
輸血用血液の血液型の偏りが解消できるわけですね。
国によって違うのでしょうが、日本は確か、O型って少ないですよね、AB型もですが、
いざというときO型が十分確保できていれば輸血の際に困りませんよね。

 
赤血球の表面は、毛のような糖鎖で覆われている。その糖鎖の先に結合している糖の種類によって、A、B、AB型に分かれ、何もついていないのがO型。結合している糖の種類が違うと輸血時に拒否反応が起きるため、O型以外の赤血球は輸血対象が限られる。緊急時など患者の血液型が不明な時はO型を使う。

確かに、血液型が不明で、調べる時間等ない場合の緊急時には、O型が使用されるわけ
ですね。
赤血球の糖の種類によって血液型というのが分かれる。何も付いていないのがO型という
ことのようです。つまりこれらの糖を取り除き、何も付いていない状態にする酵素を
開発したということですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000101-yom-soci

引用・Yhaoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。