食道がん・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食道がん


お酒に弱い人の継続飲酒、

食道がん発症率が12倍


WHOがアルコールとがんの因果関係についての見解を20年ぶりにみなおした。
お酒に弱い人が飲酒を続けると、食道がんの発症率が最大12倍にもなる。
かなり驚きです。

 世界保健機関(WHO)は、アルコールとがんの因果関係についての見解を約20年ぶりに見直し、英医学誌「ランセット・オンコロジー」4月号に発表した。

 最近の研究成果を反映させたもので、飲酒で顔が赤くなりやすい人の食道がんの発症率は、赤くならない人に比べて最大12倍との評価を取り入れている。

顔が赤くなりやすい、なりにくいは、お酒に強いと弱いに関係あるのでしょうか。
赤くなりやすい人は弱い、なりにくい人は強い。ということでしょうか。
確かに私はアルコールにはかなり弱く、1口飲んでも真っ赤になっていた。


 WHO傘下の国際がん研究機関(IARC)が再評価した。エタノール(アルコール)は、がんを引き起こす元凶と指摘。アルコールの分解過程で重要な役割を果たすアルデヒド分解酵素(ALDH2)の一部が欠損し、働きの悪い人は、飲酒量に比例して食道がんになる危険が高まり、酵素が正常な人の最大12倍になるとした。

よくアルコールは飲み続ければ強くなるとか言われたりしませんでしたか、でもこの結果を
見ると、弱い人が無理やり飲み続けることは良くないようですね。
なににせよ、なんでもそうですが、取りすぎというのは良くないですよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000012-yom-soci

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。