社会意識調査・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会意識調査


<社会意識調査>「悪い方向に」

教育がトップ 内閣府発表


社会意識に関する世論調査結果で、日本の状況で悪い方向に向かっていると思う分野の回答で
最高のトップとなったのが教育。
おそらく多くの人が納得しているのではないでしょうか。

 内閣府は3月31日、社会意識に関する世論調査結果を発表した。現在の日本の状況について「悪い方向に向かっている」と思う分野を複数回答で聞いたところ、教育が前回(06年)から12.3ポイント増え36.1%となり、98年にこの質問を盛り込んで以来最高で、初のトップとなった。高校の履修不足問題や、相次ぐいじめ自殺などが影響したとみられる。医療・福祉31.9%、地域格差26.5%も10ポイント以上の増加で過去最高を記録した。
 「政治や社会情勢の影響を受けやすい調査」(内閣府)だけに、安倍政権の課題を浮き彫りにした形だ。

教育に関する問題が次々と出てきている今、改革の真っ最中で、これから先どうなるのか
不安なことばかりで、こう思う人が増えるのは仕方がないことだと思います。
また医療・福祉、地域格差に対しても、10ポイント以上の増加で過去最高となっている。
これも納得ですね。今国会で取り上げられている問題ですからね。
 調査は1~2月、全国の成人男女1万人を対象に面接方式で実施。5585人(回収率55.9%)から回答を得た。
 教育と答えた人を男女別にみると、男性36.7%、女性35.6%。年代別では男女とも30代がトップ(男性47%、女性47.8%)で、20~40代の男女がいずれも4割を超えるなど、子育て世代の教育不安を裏付けた。
 教育に、前回トップの治安35.6%(前回比2.7ポイント減)、雇用・労働条件33.5%(同4.6ポイント増)が続いた。急増した医療・福祉(31.9%)と地域格差(26.5%)はそれぞれ、5位と8位だった。
 小泉政権で増加の一途だった外交は前回比8.9ポイント減の22.4%で、日中、日韓首脳会談の再開といった安倍外交を国民が評価していることをうかがわせた。
 一方、「良い方向」(複数回答)は(1)科学技術19.7%(2)通信・運輸18.9%(3)医療・福祉16.5%――の順だった。【渡辺創】

個人的にも子育て真っ最中なので、教育に関してはかなり気になっています。
年代別で見て教育を選んだ最も多い年代が30代というのは良く分かりますね。
医療・福祉と地域格差はかなりの増加だったが、2位は治安、次は雇用・労働条件
となっているようです。
逆に良い方向というのは技術的なこと、通信、IT関連ということでしょうか。
良い方向にも医療・福祉が入っているのですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000074-mai-pol

Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。