FC2ブログ
退職金・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職金


公務員の退職金引き下げ検討…

政府、官民格差解消で


やっとという感じですが、国家公務員の退職手当てを引き下げる検討をはじめた。
公務員の中にも大変な仕事をされている方々もたくさんいると思いますが、
イメージ的に楽という感じがある。残業なし、土日休み、リストラもない。

 政府・与党は29日、国家公務員の退職金である「退職手当」を引き下げる方向で検討に入った。

 人事院の調査では、退職金と「上乗せ年金」の合計額は公務員が民間サラリーマンより約142万6000円多いとされるが、与党内では「小規模企業も含めた調査ならば、官民格差はもっと大きい」として公務員の退職金引き下げを求める声が強まった。

官民格差をなくす目的のようだが、本当に大小関係なく企業を比べたら相当な差があるでしょう。
国の財政がこのような状態なのだから、国家公務員の退職金の引き下げは当たり前でしょうね。
民間の企業ならすぐに給与やボーナス、退職金に影響がでます。





 政府は当初、上乗せ年金のみを見直す予定だったが、退職金も含めて見直す方向に方針転換した。

 政府・与党は年内にも退職金引き下げなどの結論をまとめ、来年の通常国会に関連法案を提出する。

 人事院が昨年11月に公表した退職金と上乗せ年金の官民比較調査では、公務員は平均で総額約3181万円、サラリーマンは約3039万円を退職後に受け取るとされた。

最初は上乗せ年金のみの見直しだったようだが、退職金も含めて見直す方向になったようです。是非そうしてほしいですね。
それから是非議員の報酬の見直しもしてほしいですね。
国の財政が最悪なのですから、国の代表が真っ先に引き下げされないのはおかしいですよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000101-yom-pol

Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。