FC2ブログ
保険・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険


契約わかりやすく、

生損保が4月から文書で意向確認


4月から、保険の契約をする際、契約内容に食い違いがないことを文書で確認する
意向確認書面なるものが導入される。
そのため、保険の内容を今まで以上にわかりやすく丁寧に説明する。

 生損保各社は、保険を販売する際に顧客の意向と契約内容に食い違いがないことを文書で確認する「意向確認書面」を、新たに4月から順次導入する。

 保険会社は、特約を含む保険の詳しい内容を、書面に基づいてこれまで以上にわかりやすく丁寧に顧客に説明する。保険金支払いなどを巡るトラブルの防止に役立つと期待されている。

確かに、保険の内容は何度説明を聞いてもいまいち理解できない。
特約等色々とついていたりして、余計わかりにくい。
理解したつもりでも実際と食い違っていたりする場合が多いのでしょう、保険金の支払い等を
めぐるトラブルの防止に役立つと期待されている。




 確認書面を作る保険は死亡保険や医療保険、変額年金保険など生命保険分野の商品が中心。金融庁が生保各社に9月までの導入を義務づけており、明治安田生命保険や日本生命保険など複数の生保が4月中に導入する準備を進めている。自動車保険や火災保険など損害保険分野は義務化の対象外だが、日本損害保険協会は加盟損保各社に生保と同様に書面の意向確認制度を導入するよう呼びかける。

書面の義務付けは、死亡、医療等、生命保険分野の商品が中心のようですが
損害保険分野等でも書面の制度の導入を進めていくようです。
確かに保険の内容のわかりづらさは全体的にいえることですから、このような書面を
導入するということは、契約者が十分理解していなくては得られないものですから、
そのための努力等が保険会社には要求されていくわけですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000205-yom-bus_all

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。