裁判員制度・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員制度


裁判員に選ばれたら、有給休暇で…

東電が制度導入


2009年から裁判員制度がはじまるのですね。それに伴い東京電力では社員が裁判員に
選ばれた場合、有給休暇制度をどうにゅうすることとなった。
始まる前にこういうことをしっかり決めておくことはとても重要だし、いいことだと思います。

 東京電力は15日、2009年から始まる裁判員制度で、社員が裁判員に選ばれた場合の有給休暇制度を導入することを決めた。

 今春闘で、同社の労働組合が経営側に導入を求めていたもので、同日、労使が合意した。九州電力も同日、既存の公務休暇制度を裁判員にも適用できるように決めた。

おそらく大手企業が導入を決めたことで、ほかの大手企業も導入していき、拡大していくのでは
ないかと思います。
というか、導入していってもらわないと、裁判員は選挙権のある人の中から無作為に選ばれる
のですよね、そうなると誰もが選ばれる可能性があるということなのだから
選ばれた人が困りますよね。
連合は、「大手企業が導入を決めた意義は大きい。これを機に、取り組みが広がることを期待したい」としている。

 裁判員制度は、裁判員の職務で仕事を休むことを理由に、解雇など不利益な取り扱いをすることを禁じている。ただ、仕事を休んでいる間の給与の取り扱いは各企業の判断に委ねられており、連合は今春闘、有給扱いとする労働協約締結を進める方針を掲げている。

取り組みが拡大していってほしいです。
でも中小企業など、一人でも欠けたら経営にかかわる等のところでは難しいかもしれませんね。でも裁判員になれない理由等があり認められると候補者から除外されるようなので
大丈夫なのでしょうか。
それにしても、給与の取り扱いが各企業の判断というのがちょっとあいまいな気がします。
その点も明確にしてほしい気がします。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000401-yom-soci

引用・Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。