医学部入試・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医学部入試


試験官、いびきかき居眠り…

福島県立医大の2次試験中


なんともなさけないというか、緊張感の無いというか、そういう人が試験官として
選ばれたものです。
そもそも入試の試験官というのはどういう形で選ばれるのでしょうか。

 福島県立医科大(福島市)で25日に行われた医学部入試の2次試験(前期日程)で、試験官を務めた医学部の50歳代男性助手が、いびきをかいて居眠りをしていたことが27日、わかった。

 同大は「試験に大きな支障はなかった」として受験生の救済措置は取らないが、助手の処分を検討している。

試験官というのは不正が無いかはもちろん、受験生に何かあった場合に直ぐに対応できるよう
しっかりと監視する人ですよね。
そのひとがいびきをかいて寝ていたとは・・・
他の試験官は気がつかなかったのでしょうか。

 大学側の説明によると、助手は、理科の試験(2時間)が行われていた教室の後方でいすに腰掛けていたが、試験開始から1時間20分後の午後4時ごろから約20分間、居眠りをしたという。

 受験生が手を挙げて別の試験官に「いびきのような音がする」と指摘したことから発覚した。この教室には36人の受験生がいた。

20分も居眠りをし、かなりシンとしていると思われる教室でいびきをかいていたら
他の試験官がまず気づいてもいいような気もしますが、
受験生が指摘して発覚というのが更に情けない。
大学自体が大丈夫なのだろうかと思われても仕方が無い。
本当にしっかりしてほしいですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000504-yom-soci

引用・Yahoo!ニュース

スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。