性同一性障害・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性同一性障害


「性同一性障害」で戸籍上の性別変更、

573件に


多くの方が様々な面で大変な思いをしてこられたのだと思いますが、
まだまだ性別の変更がされた方は一部のようです。
この性同一性障害というものが最近認識されるようになって来ましたが
まだまだ社会的には認められないことのほうが多いと思います。

 心と体の性が一致しない「性同一性障害」を持つ人が、戸籍上の性別変更を認められたケースが昨年12月末までに573件あることが21日、最高裁のまとめで分かった。

 性別変更は、2004年7月に施行された性同一性障害者特例法で可能になり、家裁に申し立て、同法が定める要件を満たせば認められる。

性同一性障害とは、生物学的には完全に正常、しかも自分がどちらの性に属しているかも
はっきり認知しているが、その反面人格的には自分が別の性に属していると確信している状態。
うろ覚えですが、こういう障害が起こる要因は色々考えられているようですが
確か、胎児は最初に体が出来上がって男性ホルモンの分泌の影響を受けるか受けないかで
性別が決まると、その際の異常が原因とか聞いたような。
そう考えると本人の意思ではないのだから、もっとこの障害のことを知ってもらい
社会的にも認められるようなっていってほしい。



 最高裁によると、性別変更の申し立ては605件あり、変更が認められたのは573件、却下8件、取り下げは23件、その他1件だった。

 特例法は、性別変更には<1>性別適合手術を受けている<2>成人で子がいない――などの条件を定めている。支援団体の「性同一性障害をかかえる人々が、普通にくらせる社会をめざす会」(東京都品川区)によると、性同一性障害と診断された人は全国に約5000人以上いるといい、山本蘭代表は「性別を変更出来たのはまだ約1割で、要件を緩和してほしい」としている。

性別変更には様々な条件を満たさないとまだまだ認められないらしい。
でも容易に認めてしまうと、性同一性障害という範囲がまだまだはっきりしていないため
違う場合も認めてしまったりしてはいけないということもあるのではないでしょうか。
でもまだまだ多くの方が認められていない状態のようです。
より多くの方が普通に社会生活を送れるようになるよう願いたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000316-yom-soci

Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。