映画・音楽・日々気になった出来事を国内・海外問わず、 政治・経済・事件・事故・音楽・映画・インターネット等様々なジャンルについて書いていきたいと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽配信


ネット音楽配信が534億円、

シングルCD抜く


とうとうというか、パソコンや携帯からインターネット経由でダウンロードする
ネットによる音楽配信がシングルCDの生産額を上回った。
いずれそうなるとは言われていたが、やはり時代の流れというものは早いですね。

 パソコンや携帯電話機にインターネット経由でダウンロードするネット音楽配信の市場規模が、2006年に初めてシングル盤CDの生産額を上回ったことが23日、日本レコード協会が発表した有料音楽配信売り上げ実績で分かった。

 音楽配信は前年比56%増の約534億円に達し、CDシングルの生産額(約508億円)を上回った。

確かに私自身も考えてみればシングルCDは買っていない。
買うのは専らアルバムのほうで、1曲聞きたい曲があるときはやはり携帯から
ダウンロードしている。
携帯も音楽を聴く用に出来ている携帯も多く、手軽に利用、手軽に聞ける。


続きを読む
スポンサーサイト

映画ドラえもん


ドラえもん:相武紗季が舞台あいさつ 

次長課長河本「ドラえもんのおかげ」で

夫婦円満?

いよいよ公開が近づいてきましたね。大人も子供も知っているドラえもんの映画
リニューアルしてからの映画も以前にやったもののリニューアル。
子供の頃から見ていたドラえもん、リニューアルではやはり違和感がありましたが
子供はどちらも純粋に楽しんでみています。
ドラえもんの映画は子供はもちろん大人も一緒に楽しめるところがいいですね。

劇場版アニメ「ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」(寺本幸代監督)の完成披露試写会が18日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)であり、ヒロインを演じた女優の相武紗季さんや、人気お笑いコンビ次長課長の河本準一さん、ドラえもんの水田わさびさんら声優陣が舞台あいさつ。 相武さんは「ドラえもんやのび太君に助けられて、すごい大冒険が出来ました。思いっ切り楽しんで」と会場の子供たちに呼びかけた。

子供がドラえもんが大好きで前回の映画も見に行きましたが、今回も見に行くと
張り切っています。
古いほうの映画をビデオレンタルで借りてきては、何度となく見て
新しいのを見てここが違ったね等比べて楽しんだりもしています。


続きを読む

拉致被害者


[拉致問題]

横田めぐみさんの映画、

国連で初上映

【ニューヨーク坂東賢治】北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんを中心にした記録映画「アブダクション(拉致) 横田めぐみ物語」=邦題・めぐみ――引き裂かれた家族の30年=の試写会が8日、ニューヨーク在住のキッシンジャー元米国務長官ら国連、外交関係者を招待して国連本部で開かれた。

 拉致問題を是非他人事ではなくどれだけ長い間
拉致被害者の家族の方々が苦悩の日々を送っているか
理解いただくためにもいいことだったのではないでしょうか。

 

 

 


続きを読む

NANA2


中島美嘉の話題作

「NANA2」が期待を裏切った波紋

 大きく期待を裏切りそうだ。

 話題の映画「NANA2」である。先週末(9日)に封切られ、主演の中島美嘉(23)らが張り切って舞台挨拶を行ったが……。

「NANA」は超人気コミックの映画化作品。昨年9月に公開された前作は、中島と宮崎あおい(21)のダブル主演で興収40億円を記録した。中島が歌う主題歌や劇中歌も大ヒットし、社会現象にまでなった。完結編となる今作も注目度が高かったが、予想外の苦戦を強いられているという。

続きを読む

日本有線大賞


[日本有線大賞]

倖田來未さんが大賞に決まる 

 第39回日本有線大賞(全国有線音楽放送協会主催)が16日発表され、大賞は倖田來未さんに決まった。

倖田さんは最多リクエスト歌手賞も受賞。

今年の活躍を見れば妥当ですね。

最多リクエスト曲賞は氷川きよしさんの「一剣」、

最優秀新人賞は絢香さんだった。

レコード大賞は誰でしょうか?

引用・ライブドアニュース

NANA starring MIKA NAKASHIMA


NANA starring

MIKA NAKASHIMAの全貌が明らかに

いよいよ今月9日から全国公開された矢沢あい原作の映画「NANA2」。11月29日に発売となった矢沢あい作詞/TAKURO(GLAY)作曲・プロデュースによる映画主題歌「一色」(ひといろ)に続き、今月13日にはNANA starring MIKA NAKASHIMA、最初で最後のアルバム「THE END」が発売された。

 「THE END」には、「一色」の他、矢沢あい作詞/HYDE(L'Arc~en~Ciel)作曲・プロデュースによる前作主題歌「GLAMOROUS SKY」、シド・ビシャス(SEX PISTOLS)のカバー曲「MY WAY」、2作品の劇中歌を含む全11曲を完全収録。ミステリアスな魅力に満ちた彼女の全貌がこのアルバムで明かされる。

かなり期待できそうなアルバムですね。

 Sony Music Online Japanでは、12月14日24時までの期間限定で「GLAMOROUS SKY」と「一色」のビデオクリップをフルコーラスで公開中。HYDEとTAKUROそれぞれが描くNANAの世界感、同一人物を演じる中島美嘉の表情にも注目して欲しい。

これは観るしかない?!

 中島美嘉は、来年4月6日の市原市市民会館を皮切りに、7月22日名古屋国際会議場センチュリーホールまで全国30ヶ所36公演のツアーを開催する。

続きを読む

ネットで話題の楽曲「男女」


ネットで話題の楽曲「男女」が緊急発売

 ――「先生、男子がガイドさんの言うことを聞きません。…」。テクノ?ラップ?ダンスミュージック?誰もが一度で覚えてしまうシンプルで強烈なサビ。最近ネットで話題沸騰中の楽曲「男女」が、12月13日に東芝EMIより緊急発売されることになった。

 作詞・作曲・編曲、そして歌うのは新人アーティスト、太郎。彼がこの楽曲を収録したデモテープをレコード会社各社など数々のオーディションに送った所、審査会場の大爆笑を買い、多数の入選を果たして話題になっていた。あるオーディションの審査員を務めた某有名プロデューサーに、「これこそが『POP』」と言わしめたほどに。

始めて聞いたが、なんだか面白そう
是非聞いてみたい。

 dwangoでは、独自に「太郎」特集ページを立ち上げ、着うた配信をいち早くスタート。総合チャートでは初登場5位、ダウンロード数は1ヶ月で4万件にも達した。SNSではこの楽曲を聴いた第3者が「男女」を公開してコミュニティーを立ち上げたり、アキバ系クリエーター達が制作したクリップが複数ネット上に公開されるなど、あちこちで「男女」現象が起こり、今回のCD発売に至った。

ネットからCD発売に至る、これも時代。
にしても凄い、是非一度聞いてみなくては・・・・

 公式サイトでは、ロボットがリズミカルに踊って笑える「男女」のビデオクリップの視聴が可能。視聴はページ内の【♪「男女」ビデオクリップ1コーラスブロードバンド視聴】から。

引用・ライブドアニュース

憑神


どっちがSで、どっちがM?

 妻夫木と佐藤隆太の相性は抜群!

 妻夫木聡を主演に迎え、浅田次郎の同名小説を映画化した人情時代活劇『憑神』の撮影現場が公開された。時代活劇にふさわしく、京都の東映太秦映画村で撮影中の現場で、妻夫木のほか、死神役の森迫永依、妻夫木の子分役を演じる佐藤隆太らのシーンが撮影された。

 妻夫木と佐藤は『さよなら、クロ』やテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」など過去に何度も共演し、本作は2005年の『ローレライ』以来の顔合わせとなる。気心の知れた2人は、撮影の合間にチャンバラごっこをしたり、突っつき合ったりと楽しそうにじゃれ合う姿が印象的だった。侍役の妻夫木が、腰にさした刀を抜いて佐藤を切るマネをすると、それに合わせ佐藤が「うわぁ〜」と見事な切られっぷりを披露していた。

楽しそうな現場ですね。
ウエストゲートは観ていたが
妻夫木さんがでていたのは覚えていない・・・

 また、“死神”役の森迫が「佐藤さんは面白そう」とコメントすると、すかさず妻夫木が「何? 顔が?」とボケ、「いや、いや違うでしょ!」と佐藤がツッコミを入れるなど、長年組んでいるお笑いコンビのような相性の良さがうかがえた。

佐藤さんはこういうキャラクターみたいですね。

 物語の設定は幕末、妻夫木ふんする下級武士の彦四郎は、現代でいうニートのような存在。人生の目標を見出せず、悶々(もんもん)とした日々を過ごしていた。そんな中、ついつい神頼みをしてしまい3人の“憑神”に取り付かれてしまったことからおこる騒動を、コミカルかつ人情味豊かに描き出す。

 3人の“憑神”にふんするのは“貧乏神”に西田敏行、“厄病神”に赤井英和、“死神”に「ちびまる子ちゃん」のまる子ちゃん役が記憶に新しい森迫永依。妻夫木と芸達者な俳優陣とのからみも見どころのひとつだ。現場のスタッフによると「妻夫木さんはノリにノッていて、毎日すごく面白いシーンが続々誕生しています!」と作品の仕上がりが期待できそうだ。

 撮影は10月31日にクランクインし、年末にはクランクアップを予定している。公開は2007年初夏。

映画自体も楽しそうで観たいです。

引用・ライブドアニュース

オフコース


オフコース、18年ぶりのトップ10

1989年2月、東京ドームにて行われた解散ライブ「The Night with Us」から17年。今月6日に発売されたオフコースのオールタイムベスト「i (ai)」は、発売1週間で売上8万枚を突破、同月18日付のオリコン・総合アルバムランキングで初登場9位を獲得した。オフコースのトップ10入りは、1988年6月に発売した「Still a long way to go」以来、約18年5ヶ月ぶりの記録となる。

実はほしいと思っていた。

 「i (ai)」は、ファン投票によって選曲された全32曲をレーベルの枠を超えてCD2枚に収録。加えて日本武道館10日間公演の貴重映像、アルバム22枚・シングル36枚の全ジャケットと全322曲のディスコグラフィ、バイオグラフィ、秘蔵写真を収録したDVD「Trace The History Of Off Course」が付属となる。

中身を聞くとよりほしくなる。

 ベストアルバム発売に先駆けて、東芝EMIの公式サイトとレコード会社直営♪にて行われたファン投票「この冬、君が聴きたいオフコース!」で選ばれた上位10曲に「愛を止めないで」を加えた全11曲は、着うた(R)、着うたフル(R)としても発売され、現在ダウンロード数の合計は20万件を突破している。

ほしい曲がDLできて嬉しい。
(今までなかったので)

 名曲の数々は近年のアーティストにカバーされることによって再び輝きを放つ。槇原敬之「秋の気配」(1998年)・「言葉にできない」(2005年)、平原綾香「言葉にできない」(2005年)、Bank Band「生まれ来る子供たちのために」(2006年)、平川地一丁目「YES-YES-YES」(2006年)など、オフコースを知らない世代にもそれは受け継がれていく。

続きを読む

清春


清春、新曲PVに大人の魅力たっぷりの

あの女優が登場

11月にシングル「slow」をリリースしたばかりの清春が、12月13日に早くもニュー・シングル「カーネーション」をリリースした。10月から放送しているテレビ東京系アニメ『ヤマトナデシコ七変化』のオープニング・テーマとなっている前シングルに続き、今作も同アニメのエンディング・テーマとなっている。そのため、すでに今作を耳にしている人も多いだろう。

同アニメの原作者であるはやかわともこ氏が、清春の大ファンということから始まった今回のコラボレーションは、今までの彼のファンのみならず、アニメ・ファンの間でも話題を呼んでいる。主人公である恭平は、清春をイメージしたキャラクターになっているとのことなので、まだアニメをみたことがないという人は、ぜひチェックしてみて。

まだアニメを見たことがないので是非見てみたいが
テレビ東京がないのでいつやっているか探さなくては・・・

そんな同アニメのエンディングを飾っている今作は、ギターの音色が美しく響く、流れるようなメロディの楽曲。サビの“waiting waiting”というコーラスと、清春のゆったりとした歌声が魅力的な作品だ。カップリングには、「MELANCHOLY(long version)」が収録されている。初回限定盤は、「カーネーション」のビデオ・クリップが収録されたDVDが付く。通常盤は、「adore」が収録された3曲入りとなっている。

聴いてみたいです。

前作「slow」に続き、BARKSでは「カーネーション」のビデオ・クリップをフル視聴でお届け! 今作のビデオ・クリップには、女優の秋吉久美子が出演している。清春が、大人の女性の魅力がたっぷりの彼女とどのように絡んでいるのかは、見てのお楽しみだ。さらに、「カーネーション」「MELANCHOLY(long version)」「adore」の楽曲試聴も公開するので、こちらもチェックしよう。12月22日、28日、29日には、8月から9月にかけて行なった全国ツアーの追加公演<TOUR 天使の詩’06 『架空の海岸 FINAL』>を東名阪で行なうので、ぜひ足を運んでみて。

PVもかなり惹かれますね。

引用・ライブドアニュース

Copyright © 気になった事 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。